仲井戸麗市さんの著書に『だんだんわかった』という作品があります。



『だんだんわかった』というタイトルの良さが
それこそだんだんわかってきました。


だんだんわかってくるということは、
当然、まるでわかっていないところからスタートするということです。

そして時間をかけて、少しずつ少しずつ、
何らかの理解のようなものを
獲得していくわけです。

ツイッターなどを眺めていると、
「この人は俺より一回りも若いのに
なんで人生の必勝法をわかっているんだろう」

と思うことがよくあります。

正直に言って、羨ましいんです。

ボクなんかいっぱい失敗してきて、
しかも、ちょっとずつわかってきている途中なんです、
47歳にもなって。

ガクー。

でも、ここは開き直って言いますけど、
「だんだんわかった」の“だんだん”の部分に
もう少しみんな想いを寄せてみてもいいんじゃないですかね。


例えば仲井戸麗市、チャボさんなんて、
若い頃、
「世の中見たくない!」
って言って、
黒のサングラスの上からマジックで
さらに真っ黒に塗りつぶしていたんですよ?

バカバカしいにもほどがありますよね。

でも、そんなチャボさんがね、
ボクの大好きな「R&R Tonight」という楽曲の中で

僕等の生きていく姿がどんな形であろうと
生きる歓び 誰もが高らかに唄えるのだろう

と歌っているんですよ。



おい、チャボ!
サングラス黒塗りから「生きる歓び」まで
いったい何十年かかっとんねん!


と、ボヤきながら、いま、涙ながらにキーボードを叩いています。

これ、だんだんわかってきたチャボだから
ボクらは聴いていて胸を打たれるわけです。


なんでもかんでも、スピード感だの即断即決だのグローバリズムだの言いますが、
「だんだんわかった」
をバカにしてると、
ボクが怒るぞ!
コラ!

と、なんだかやっかみ含めて
何かを言いたい年始めでした。


スポンサードリンク