水道橋博士の出す本は
だいたい購入しているボクなので、
この『藝人春秋2』も
当然のように買いました。



今回はKindle版にしました。

Amazonから概略を引用します。
まずは上巻。

芸能界に潜入したスパイ、水道橋博士の極秘レポート!
週刊文春の連載「週刊藝人春秋」に大幅加筆。橋下徹からタモリまで芸能界の怪人奇人を濃厚に描くノンフィクション。抱腹絶倒の上巻。

続いて下巻。

水道橋博士による芸能界での諜報活動の集大成!
水道橋博士生放送降板事件の真実、石原慎太郎と三浦雄一郎のミステリー、感涙のエピローグなど書き下ろしも。疾風怒濤の下巻。

ボクは上下巻ともテーマとしてはほぼ同じようなものだろうと
高をくくっていました。

ところが特に下巻のエピローグは
それまでの内容と大きく趣が異なります。

ここで水道橋博士は自身がうつだったことを告白しています。

発 症 か ら 1 年 が 経 ち 、 2 年 が 経 ち 、 し か し 、 最 終 的 に は 万 策 が 尽 き た 。   そ ん な 折 、 ア メ リ カ で 効 果 を 得 た と い う 、 投 薬 治 療 で は な い 最 新 治 療 の 施 設 に 、 自 分 の 意 志 で 日 々 、 人 知 れ ず 通 っ た 。

水道橋博士. 藝人春秋2 下 死ぬのは奴らだ (文春e-book) (Kindle の位置No.3558-3560). 文藝春秋. Kindle 版. 
保 険 適 用 が な い 、 超 高 額 の 治 療 法 を 毎 日 、 毎 日 、 続 け な が ら 、 貯 金 が 急 速 に 目 減 り し 、 家 族 を 背 負 う将 来 の 光 が 遠 の い て い く 感 覚 は 、 未 来 へ の 恐 怖 と な っ て 大 き く の し か か っ た 。

水道橋博士. 藝人春秋2 下 死ぬのは奴らだ (文春e-book) (Kindle の位置No.3576). 文藝春秋. Kindle 版. 

人知れず秘密裏に通院するくだりは読んでいて戦慄するほどですが
特にボクが引用した部分はあまりにもリアルです。

ボクもテレビ業界の隅っこにいたわけですから
芸人、タレントという職業が不安定であるのは理解しています。

しかし、この描写には驚きました。

テレビやその他の媒体でも活躍中の博士を見るにつけ、
「水道橋博士クラスだと、少なくとも食うには困らないよなぁ」
なんて思っていました、正直。

なので、余計に衝撃が大きかったです。

ボクは思わずこのようにツイートしました。


ボクは政治的なポリシーはほとんどありません。

ロックがなんでもかんでも反体制であればいいとも思ってませんし、
安倍政権にも
「これってええんちゃうかな」
と思うこともあります。


ただ一つ言えることは、
テレビや書籍といった媒体、
それから音楽、プロレス、ロックなど
そこに内包されるカルチャーは
弱き者、傷つきし者に寄り添っていてほしいですし、
もっと言うと、
寄り添っていて当たり前のもん
なのだと思います。

なぜなら誰もがあっという間に弱者になりうるからです。

これは若いときにはなかなか実感できなかったことです。

でも、年を取ったり病気を患ったりすれば
自分が少し踏み外すだけで弱者になることが
リアルに感じられます。


仮に自分のせいではなく
不運にも
心ない人による暴力、嫌がらせに巻き込まれた場合でも
同じなのです。


そして何より家族を持つ、
特に子どもを養うとなれば
もうそれは本人の幸福度とは別に
弱点がめちゃくちゃ増えるということです。

水道橋博士の最近の著作、特に家族を持つようになってからは
誰かの力になりたい、
誰かの気持ちを楽にしたい
というメッセージが込められているように思います。

誰かを励ます、誰かの力になるなんて
サブカル方面の人々は最も避けて通りたいテーマでしょうし、
安易にポジティブな言葉を吐かないのは
そうした人たちの矜持でもあるでしょう。

でも、きっと、励ましたっていいのだよと思います。

そういう年、そういう時代、そういう役割に
なってきたということではないでしょうか。

この下巻のエピローグを読んで
少し気持ちが楽になる人も多いと思います。

爆笑必至の芸能エピソードから
『ニュース女子』問題など
あまりにも読みどころの多い上下巻ですが
ボクはこの一点についてだけ書きました。

必読です!




スポンサードリンク