スピードの時代だとよく言われます。

でも、本当にそうなんですかね?

即断即決が求められるご時世ですが
こんなの、考えてみれば、
「いま、あのマンモスを狩るかどうか、
すぐに決めなきゃ俺たち死ぬぞ、ウホ!」

なんて会話、太古の昔からあったでしょうし、
「バスに乗り遅れるな」
なんてスローガンで煽りまくった結果、
第二次世界大戦において
日本はとんでもないバスに乗ってしまったという過去もあります。


こんなツイートを見かけたのですが、
本当にそうだと思います。

“わかりやすい話”とはつまり、
二者択一ってことです。


AかBか、さぁどっち!
考えてる暇はないよ!
どれだけ難しく考えたって
2つのうち正解は一つしかないんだから、
さぁ、早く!

体調が悪かったり、お金に困っていたり、
ひとりぼっちだったりする時に限って
急かされてしまうんです。


昨日、村松友視さんのことを書きましたが
村松さんの口癖は
「ちょっと考えてみたんだけどさぁ」
です。

村松さんの時間の感覚は凄いですよ。

猪木対アリから41年経って



を出されたのですが、
これも
「ちょっと考えてみたんだけど」
のようです。

ちょっとが41年!

これぞ村松イズム!!


まぁ村松さんは特別ではありますけど、
なんでもかんでも早ければいいってもんじゃないですよね。

とにかくやたらと決断を急かしてくる人がいたら
要注意ですよ。


スポンサードリンク