image



普段、ほとんど映画を観ないのですが、
この映画は、公開初日、初回に映画館へ足を運ぶほど
気になっていました。


で、先週末は出張で新幹線に乗る機会もあり、
久々にもう一度見直すことができました。

こういうのを観てると、
「ああ、戦時中に比べると、
大抵のことはまだマシやな」

と思います。
小学生みたいなことを言いますけど。

でも、その一方で
「いや、待てよ。
ブラック企業だパワハラだっていって
自殺している人、たくさんいるぞ」

とも思います。

「なんか変やぞ」
と。

日本の自殺率は下がったものの……。


日経新聞より。

政府は30日の閣議で、2017年版の自殺対策白書を決定した。人口10万人当たりの自殺者数を示す自殺死亡率を諸外国と比較し、日本は6番目に高かった。若年層の自殺と事故の死亡率を先進7カ国で比べると、自殺が事故を上回ったのは日本だけだった。白書は「若い世代の自殺は深刻な状況にある」としている。

 警察庁の統計によると、16年の自殺者数は前年比2128人減の2万1897人で、7年連続で減少し、22年ぶりに2万2千人を下回った。内訳は男性が1万5121人、女性が6776人。

 日本の自殺死亡率は低下しているものの、国際的には高い水準にある。世界保健機関(WHO)の統計に基づき、13年以降で比較可能なデータがある国・地域を対象に厚生労働省が算出した統計によると、日本の自殺死亡率(14年)は19.5人。30.8人のリトアニア(15年)や28.5人の韓国(13年)などに続きワースト6位となった。特に女性(11.7人)はワースト3位だった。

 白書では特に若者の自殺が深刻だとして、若年層の自殺と事故の死亡率を先進7カ国で比較した。

 日本の15~34歳の自殺死亡率(14年)は17.8人となり、事故による死亡率(6.9人)の約2.6倍に上った。英国は事故(12.1人)が自殺(6.6人)の2倍近くになったほか、米国やフランス、ドイツ、イタリア、カナダの6カ国はいずれも事故が自殺を上回った。

ボク、随分前に日本の自殺者は3万人程度と記憶していたので
確かにかなり減ってます。

でも、です。

それでも毎年2万人以上が自殺しているんですよ。

武道館、2個分。

若い人たちはもっと能天気でもっとバカでいいはずなのに

ボク、40代が辛いぜってよく書いていますけど、
この記事によると
特に若年層の自殺が深刻というのは
本当にやるせないです。


いまの社会は、若い人たちをもっと能天気でバカにしていられる余裕がないのでしょうか。

あー、書いててしんどくなってきました。

書くの、もうやめよ。

頼むよ政治家。
もうちょっと頑張れワシ。
スポンサードリンク