image

ネットでこんな記事が話題になっています。

著作権料を払いたくないCM制作会社が、丸パクリ曲作って支払い回避するのいい加減誰か怒れ

詳しくは記事を読んでいただければわかるのですが
こんなことが本当に横行しているのだったら
そりゃまずいですよ。

天下の日産のCMで……


単純に、日産のCMなんだから
それなりの予算もあるわけで
放送使用料、録音使用料を
払えないってことはないんでしょうけど、
まぁこれはCM制作会社や音プロなどの
思惑も大きく関わっているのでしょうね。

これ、日産はかなりイメージダウンになっちゃいますよ。

あー、怖い怖い。

知財ってなんだろと思ったら

とまぁ、昨今著作権あるいはそれを含んだ知財についての話題が
テレビやネットで取り上げられることも多いですが
「知財ってなんだろ?」
と興味を持ったら、この本、激しくオススメします!


ボクは、ちきりんさんのツイートで知りました。

知財の本なのになぜかプロレスネタが

なにがいいかって、
とにかく実例が多いんですよ。

しかも、なぜかプロレスネタも3つほど入ってます。

そこを抜粋しますと

・(実用新案の)登録された実例としては、花王のフローリング用清掃用具「クイックルワイパー」や、大仁田厚氏の有刺鉄線と小型爆発物を備えた「格闘技用リング」などがある。

・アントニオ猪木氏の権利管理会社「コーラルゼット株式会社」は「1・2・3・ダァーッ」の文字からなる登録商標を複数保有しており、その指定役務のひとつに「技芸・スポーツ又は知識の教授」がある(商標登録第4562064号)。

・さらに、フォークボールの投球方法など、一生懸命練習することにより習得可能で、知識として他人に伝達できない「技能」も、「技術的思想の創作」ではないため、「発明」ではない。同様の理由から、プロレス技が特許されることもない。

ははーん。

さてはこの筆者の稲穂健市さんは
けっこうプロレスファンだな。


と、どうでもいいところでニンマリしてしまいます。

余計な取材がまた面白い!

この手の本って、だいたい面白みに欠けるのですが
前述したようにとにかく実例が多いのと
筆者の稲穂さんがいちいち取材したり
問い合わせしているので
そのあたりもいい意味で新書っぽくなく

とっつきにくい知財という分野も
けっこう興味深く接することができます。

カープのロゴ、ジャニーズ事務所のメリー喜多川さん考案の「早変わり衣装」、
鳩山由紀夫夫人の発明したキッチンパーツなどなど。

なんか読んでみたいと思いませんか?

勉強のためと肩肘張らずとも
楽しく読める一冊です。

週末のお供にどうぞ。



スポンサードリンク