image


こういうツイートをしまして。

もとの、高木新平さんのnoteには

理由1. 仕事の第一次ピークは、33〜38歳にやってくる。
理由2. 20代の遊びなんて大体同じ。40になればもっと面白い遊びができる。
理由3. 父親ではなく、我が子の年齢でコミュニティが形成される。


とあります。

で、ぼくはタイトル通り、
40代で子どもを持つのもまんざら悪くない、3つの理由
について書きたいと思います。

高木さんみたいな理路整然としたやつではなく、
いつものとおり、
ごちゃっとした、
もっと感傷的な感じのやつになります。


理由1 子どもへの愛おしさが20代より倍増!(当社比)

子どもが産まれたときの多幸感は
一生忘れません。

「人生でいちばん嬉しかった瞬間は?」
と聞かれたら、
「子どもが産まれたとき!」
と食い気味で即答いたします。

ボクは40で一人目の子どもを授かりました。

そのときまで、ぼくは
一生家庭なんて持てないのだろうし、
ましてや子どもなんで望むべくもない
と思って生きていました。

40まで、一度は色んなことを諦めたからです。

だから、39で結婚できて、
40で子どもを持てたなんていうのは
本当に望外の幸せでした。

毎日、子どもの寝顔を見ながら、
「俺は、本当に産まれてきてよかった」
という思いを噛み締めています。

きっと、20代で家庭を持ったら
なかなかそんなふうには思えなかったでしょう。

いまは毎日毎日どころか
一秒一秒が愛おしく感じます。

それはボクが、まぁまぁジジィだからです。


理由2 自分のメンタルが安定していて、ちゃんと子どもと向き合える!

ボクが20代の頃は
『紙のプロレス』という雑誌の編集に携わっていました。



その頃、子どもがいたらなんて
まったく想像すらできません!!!


タコヤキヘルメットを被って、
前田日明にデコピンされつつ、
飲めもしないビールを一気させられたあの頃……。



いやー、ありえないでしょう。

でも、仕事に夢中になれた、いい時期でしたし、
いま思い返せば青春の1ページでもあります。


あのときの忙しさや
低所得はおいといて、
あの時のボクは
ちゃんと子どもと向き合えたでしょうか?

もう、自分のことで精一杯。
自分のことで頭が一杯。


そんな毎日でした。

そう考えると、
いま40代で子どもと遊び、語り、
なにかを教えるということができるのも
ある程度自分のメンタルが落ち着いている、
40代のいまだからだと思うのです。


メンタルの落ち着きは
仕事の安定によるものだと思います。

ボクは上の子が小学生になるまで
たくさんたくさん抱っこし、
たくさんたくさん話し、
たくさんたくさん遊ぶことができました。

それは前職、そして現職の会社のおかげです。

そこは本当に感謝しかありません。

理由3 同世代に比べて若くいられる! オイ! オイ! 老いパンク!

40代で子どもを持つと
そりゃあカラダは大変ですよ。


肩はバリバリに凝ってるし、
腰だって悲鳴を上げている。

でも、やるんだよ!
やんなきゃいけないんだよ!

との思いで、老体にムチを打ってます。

そういうフィジカル面の低下とともに
もちろん見た目もジジィ化していきます。

しかーし!

そこで諦めちゃいけません!

多少の若作りでどうにかなるものです。


それなりに服装に気を使っていれば、
「あら、こうちゃんのパパって47歳なの?
見えないわねぇ!」

と実年齢より若く見てもらえるというものです。

きっと近所のママさんたちは
ボクを美味しそうな目で見ていることでしょう(妄想)。

いやいや、でもほんとの話、
こっちは老け込んでいられないわけですから
同世代のおっちゃんよりも
若々しくいられている(はず)です!

でもほんとは負け惜しみ


ふいー。

いやね、ぶっちゃけ言いますけど、
こんなの、負け惜しみですよ?
そりゃもう。
年食ってから
子どもができるのなんて大変ですよ。


「この子らが大人になるまで食わせられるのか?」
って考えると
キーボード打ちながら
震えが止まらないわけですよ。

ホリエモンさんあたりに言わせれば
「無理ゲーだね」
って一刀両断なわけですよ、きっと。



でも!

でも!!

でも!!!

やっぱり、本当に、しみじみ、
子どもっていいんですよ。

自分がこの世に産まれて、
これまで生きてて
本当によかったと思うわけですよ!

(このあたり、サンボマスター山口さんのMCをイメージしながら読んでいただくと、
ボクの筆力以上に感動できます)



そう考えれば、
20代であろうが40代であろうが
やっぱり家族っていいものです。

そこには年齢なんて関係ないですよ、ええ。


というわけで、
40代で子どもを持つのもまんざら悪くない、3つの理由、でした。
スポンサードリンク