なんだこのマンガは(笑)

一部で話題を呼んでいるようですが、
あのK-1プロデューサーであり
正道会館館長、石井和義さんが
なんと女子高生に転生する
という
衝撃ストーリーの漫画が誕生しました!

mu_manga_4780082228700472765


これ考えた編集者、凄いなぁ(笑)。

なんと原作は石井館長本人!

コミックナタリーより。

石井和義原作、龍造寺慶脚本によるハナムラの新連載「どるから」が、竹書房のWebサイト・WEBコミックガンマでスタートした。

「どるから」の主人公は格闘技イベント・K-1の創始者である石井自身。彼は刑務所から出所した直後、トラックに轢かれて死んでしまった。しかし謎の猫の力により、その魂は近くにいた少女の体内へ。石井は戸惑いながらも、17歳の女子高生・一ノ瀬ケイとして生きていく。

本作は、auのサービス・ブックパス内でのみ配信されている近代漫画で先行配信されている。配信中の38号では、第2話を読むことができる。

まずですね、これ、石井館長が原作ってところがミソです。



どのくらい原作どおりなのかはわかりませんが
館長、めっちゃ柔軟ですやん!

石井館長、女子高生のおっぱいを揉む

中身はこのあらすじに書いているとおりですが、
石井館長が
「ワシ女子高生になってもうたんかッ!?」
と叫んだり、
お約束で女子高生のおっぱいを揉んで
女を自覚するシーンなど
本当に最高です。

あと、全編を通してちゃんと言葉遣いが悪かったり、
第一話で愛弟子角田信朗さんも一コマ登場するあたりもツボ。

最近、石井館長にお会いしました

ぼくは最近、久しぶりに石井館長にお目にかかる機会があったのですが
いやー、ほんまに精力的ですね。
お話していてもめちゃくちゃパワフルで驚きました。

image

関連記事
石井館長とお会いしました。

第一話は無料で読める!

で、この漫画、第一話はウェブで無料で読めるんですよ。

http://mangalifewin.takeshobo.co.jp/rensai/dorukara/

jp_rensai_dorukara_



ぜひチェックしてみてください。

続きが気になる!


スポンサードリンク