image



ちょっとストレスについて
つらつら考えていたんですね。
で、思いついたらTwitterで投稿して。









「あ、この人はいま、闘っているんだな」
って人と会う機会があります。

つい最近もそんな出会いがありまして、
その帰り道にこういうことを考えていた次第です。

どんな人であれ、人生なんてしんどいのがベースです。

ただ、そのしんどい時間も、
ストレスで苦しんでいるのと、
いいもの作ろうと苦しんでいるのとでは
まるで違うということです。

ここ、すっごく残念なポイントです!

人を呪っている時間はマイナスでしかない


「あんなヤツ、いなくなればいいのに」
と地味な呪いをかけてる1時間と、
「これ、一人でも多くの人に見てもらいたい」
と額に汗している1時間は、
前者は無価値どころかなんだったらマイナスなのに、
後者はその時間に鍛えられているんですよね。

人は闘っている人と悩んでいる人の2種類しかいない


その違いは積もり積もって、
闘ってる人と
ただ悩んでるだけの人に
二極化されていきます。


ここから、さらに恐ろしいことになるのですが
闘ってる人は闘ってる人しか認めなくなり、
悩んでる人は悩んでる人同士しか
愚痴を言えなくなります。


こわ!

この二極化、こわ!

もっと怖いこと言いましょうか?

人の眼中に入っていないことの怖さ


闘ってる人は悩んでる人のことなんか
眼中にありません。


でも、悩んでる人は闘ってる人のことが
眩しくてしょうがないんです。


で、どうなるか。

悩んでる人は闘ってる人と
接点を持ちたがるのです。

実際にそういう人脈がある人はまだいいですが、
そうでない人は、お金を払うことになるんです。

会費制のパーティー、
自己啓発セミナー、
そっち系の書籍などなど。

書いてて、
「これ、無限地獄やん……」
と気づきました。

これを抜け出すにはどうしたらいいのか?

また考えがまとまったら書きます。



関連記事
糸井さん、あと3年で終わるんですよね? 大丈夫ですよね?

多動力 (NewsPicks Book)
堀江貴文
幻冬舎
2017-05-26





スポンサードリンク