image



堀江貴文さんは月に一冊くらいのペースで
書籍をリリースしている
ので
ぼくはそのなかで気になったものを
たまに買うといった読者なのですが
この本はタイトルからしてビビッときましたね。



珍しくKindleで予約注文し、
今日、5/26(金)にダウンロードできました。


で、それをつぶやいたら
意外な反応がありましてね。






なんと、担当編集者の箕輪厚介さんが
返信してくださったんです。


それにしても、いま一番注目されている編集者の
箕輪厚介さんが『紙のプロレス』ファンだったとは。


『紙のプロレス』に入ったのはもう20年以上前の話ですが
いまだに「読んでました!」って言ってくださるひとに
出会うことがあります。

いやぁ、嬉しいことですよ。

ありゃ、肝心の中身の話がまだでしたね。

読み切ったらまたじっくりここでご紹介します!

関連記事
『多動力』とはつまり、俺軍であることだ。
『むだ死にしない技術』を読んで

スポンサードリンク