毎日更新していたブログが
すっかり止まっておりました。

いやー、面目ない!
誰に?
自分に!

何があっても必ず続けようと思っていたのに
あっさり連続記録がストップしてしまうのだから
いやはや、おのれのハートの弱さに
がっかりしてしまうワタクシです。

でも、でも、でも、やっぱり書きます。

なんというかこう、書かずにはいられないのです。

ここんところ、実は色んな事件がたくさんあって、
5年後、10年後に振り返ったとき、
「ああ、2017年の春は一生忘れんやろな」
と呟いているはずです。 

そんななか、一番大きなエポックのひとつと言えるのが
上の子の小学校入学式でしょう。

そんな気の利いた感想は書けません。
「あっという間やな」
「すっかり大きくなったな」
以上です。

さらに凡庸な感想を続けるなら、
家族が、一つ屋根の下に暮らす人がいるということは
何にも代えがたい幸せだということです。

小学校生活、楽しんでくれよ。

たったひとつだけ、
「学校には色んな子がいるんだねぇ」
っていつか話しかけてくれよ。 

それがわかればもう十分だぜ。

そしたらパパは
「人の生き方なんて百万通り、それ以上限りなくあるんやで」
って言って、カッコつけて、
ロックの名曲のワンフレーズを披露して
お前をきょとんとさせるからよ。 

入学、おめでとう。

生まれてきてくれてありがとう。

image
 
スポンサードリンク