image

新聞ってたまに読むと
本当に面白いですね。

色々ニュースアプリも入れてますが
本当に数分のスキマ時間に
世の中でなにが起こったかを
知るにはいいツールなのでしょうけど、
なんかさらっと事実を知るだけに終わるんですよね。

なんてことを書いてますが、
新聞、ほとんど読みません……。

読む習慣つけたいです!

ちゃんとした大人になりたいです!


まぁ誰でも言うことでしょうが時間がないです……(言い訳)。

あと、読む場所にも困りますよね。

電車で狭いなか、折りたたんで読むのは絶対イヤです。

じゃあ新聞のアプリで読めばいいじゃないかとなりそうですが
どうも違うんですよ。

ボクも一時期、産経新聞のアプリを購入してたんですが
どうも読む気がしなくって。


ということで、かどうかわかりませんが、
プチ鹿島さんの『芸人式新聞の読み方』を購入。


実はまだ読み始めなんですが、
前半は、スポーツ紙を含めた
各紙のキャラ付け
がなされています。

これ、すごく大事なんですよね。

たとえば
朝日新聞は
「高級な背広を着たプライド高めのおじさん」

で、産経新聞は
「いつも小言を言ってる和服のおじさん」

といった具合です。

「きめつけはイカン!」
なんて眉をひそめるひともいるかもしれませんが
ある程度の色分けがないと、
そもそも全紙を読んでの
新聞の主張の違いなんて
そうそうわかんないですよ。


プチ鹿島さんはプロレス者なので、
いったんキャラ付けをするのはお手のもの。

そしてもちろん、キャラからはみ出したり漏れたりするのが
いちばん味わい深いことも熟知しているはずです。

果たして、この本を読みきったなら
新聞を読む習慣が身につくのでしょうか。 

時間がなぁ……(まだ言ってる)。 
スポンサードリンク