アー写笑顔


ボクは顔がいいんですよね。


最近つくづくそう思います。

「俺の取り柄は顔や」
と。

別にブログで笑わせようと思ってるわけじゃあございません。

ボクは常々、ここで
「40代、超大変!」
と嘆いています。

40代っていうくらいですから
ボクだけじゃなくって
同世代、みんなしんどそうです。

そんなみんながしんどそうななかでも
実はそれぞれ違いがあって、
「この人、そんなしんどそうに見えへんやん」
って人と、
「こいつ、見るからにしょぼくれとるな!」
って人と
2パターンにわかれます。

しんどいけれど、いい顔してる人

しんどいうえに、しょぼくれてる人
ですね。

前提はみんなしんどいってわけですが、
いい顔してる人は、
いまはそうじゃなくても
その後にいいこと起こりそうな雰囲気
を漂わせてるんです。
だから、のちに巻き返したら、
きっと周りは、
「あ、やっぱり」
と思うわけです。

しょぼくれてる人は
そもそもいいこと起こりそうな感じしないですし
関わっておこうという気持ちにもなりません。

これは生まれ持っての顔のつくり云々というより、
「カラ元気、作り笑い上等だよ!
しょぼくれてるより、うんとマシや!」

という覚悟によるものだと思います。

どかーん
THE 真心ブラザーズ
¥ 250


で、ボクにはそれがあるんです。
たぶん。

のぞきこむ鏡の中
疲れた顔が写ってるとしても
にっと口角を指で上げて
自分のことを時には騙せばいい

ってやつです。



ちなみにこれなんか
抜群にいい顔の例です。

いいこと起こりそうな顔かどうかは
わかりませんが
百点満点であることは確かです。



というわけで今日も明日も頑張ろう!
スポンサードリンク