image


これまで、仕事でたくさんのオファーをしてきましたし、
たくさんのオファーをいただいてます。

もうオファー人生といっても
過言ではありません。 

そんな仕事をしていると、
現場では
「ダメ元で出しちゃおう」
とか
「ダメ元でお願いにあがりました」
なんてセリフがよく飛び交います。

これ、最近強く思うのですが、
ダメ元で頼み事するひとって
「あ、こいつ仕事できないな」
って思われて、そこでおしまいですね。


ダメ元で最悪なのが
なにも調べていないパターンです。


「それ、ホームページとかブログを事前に見てたら
絶対に無理ってわかるやろ?」
ってのがものすごくたくさんあります。

本当に多いんです!

それ、ダメ元なんじゃなくって
そもそもやる気ないやんって話です。


その程度のこと、5分もあれば済む話です。

それすらやんないひとと
仕事しようって思いませんよ。

本当の意味でのダメ元って
そうじゃないと思うんです。

色々綿密にリサーチし、パイプを作り、
準備万端、用意周到に整えたうえで
相手にノックする。


それがダメで元々ってことです。

決して「言うだけタダ」ってことじゃなくって
要するに「人事を尽くして天命を待つ 」ってことです。

というようなことはですね、
この本読めばわかります。


事前にこんだけ準備しているんだから
吉田豪さんが売れっ子にならなきゃおかしいですよ!


スポンサードリンク