久々にバラエティー番組をがっつり観ました。

 12067824

昨夜の『しくじり先生』に水道橋博士が出演していたからです。

ボクが初めて博士とお会いしたのは
ちっちゃい紙プロ時代でした。

いまでも覚えているのは
水道橋博士のほうから
「オレ、タコヤキ君に似てるって言われるんだよ」
と声を掛けていただいたことです。
ボクは紙プロで顔出しをしまくっていた、
というか出されまくっていたので
そのような会話のきっかけになったのだと思います。

実はボクも一時期、やたらと
水道橋博士に似てると言われたものです。


お互い大のプロレスファンで、
清志郎やブルハ、エレカシなど
好きな音楽も近い
こともあり
ボクはずーっと一方的に
水道橋博士に対して
親近感を抱いてました。

その後も、何度かお家にお邪魔したり
まだ小さかった息子のたけちゃんも一緒に
釣りに出かけたりと
ちょくちょくお会いする関係が続いてます
(最近、ご無沙汰しちゃってますが)。

そういえばボクも子どもを持ってから
人が変わったと自分で思っています。

博士は40で結婚、
41で父親になったとのことですが
ボクも39で結婚、
40で父親になったということもあり、
そういうあたりもシンパシーを感じています。 

とにかくボクにとって水道橋博士は特別な存在ですし
いつもどこかで意識しています。 

なので、『しくじり先生』の水道橋博士の回は
ことのほか楽しみにしていました。


ボクが一番感動したのは
54歳にして本当に自分に気づいたというくだり。

どんなに眠たくても、机に齧りついて書き物をできる自分に
才能を見つけたとおっしゃっていましたが
ボクはまだ46歳。
まだまだこれからなんだと
本当に勇気づけられました。


Twitterではこのように返していただきました。

また近いうちに博士にお会いしたいものです。 
スポンサードリンク