ちょくちょくこういうニュースを目にします。

 失明や視力低下につながる難病、網膜色素変性症の遺伝子治療を研究する冨田浩史岩手大理工学部教授は27日、盛岡市内で講演し、自身らの研究手法を使った薬が2年以内にも人体に投与されるとの見通しを示した。改変した緑藻(りょくそう)の遺伝子を注入して視覚回復させる手法。アステラス製薬などが薬の開発と実用化を目指し、今年から臨床応用への取り組みを展開している。


いったいいつになることやら。
数年前から
「もうちょっとで、もうちょっとで」
みたいに書かれてますけども。

 実用化に向けた展望について冨田教授は「人に投与するには一定の条件下をつくる必要がある。具体的な日はまだ言えないが、自分の考えでは2年以内とみている」と述べた。

2年以内なら待ちますとも。
ええ、待ちますとも。

まぁこういうアピールが製薬会社の株価のためなんてことでなければいいのですがね。
スポンサードリンク