時事通信より。

安倍晋三首相は28日夜、横浜市で開かれたサザンオールスターズのコンサートを昭恵夫人とともに楽しんだ。ボーカルの桑田佳祐さんは曲目「爆笑アイランド」の中で、客席の首相を意識したのか、歌詞の一部を替えて「衆院解散なんですとむちゃを言う」とアドリブの「風刺」を披露。これには首相も身をのけぞらせて驚いていた。

 首相はリズムに合わせて体を揺らし、桑田さんの軽妙なトークにも時折身を乗り出して聞き入った。終了後、記者団から感想を問われた首相は「楽しみましたよ」と満足した様子だった。(時事)


あー、サザンオールスターズの年越しライヴ行きたいなぁ。
でもWOWOW入り直すのもなぁ。
なんて思っている今日このごろですが
安部総理も観に行ったのですね。

桑田佳祐さんが政治に対して意見を言うのがいいかどうかは置いておいて
(個人的には清志郎のそれのほうが笑えるのですが)
やはり狭いライヴハウスで国体を否定するよりも
誰もが知ってる有名人が
大きな場所で替え歌を唄った方が
よほど痛快であるに違いありません。 

桑田さんだって相当リスキーだと思うんですよ。
事務所だってヒヤヒヤだろうし、
そもそもなんのメリットもないし。
清志郎と違って、桑田さんのファン層で
そうしたことを面白がるような人も
少なそうな気もしますし。

でも桑田さんは言わずにはいられなかったのでしょう。

叫ばなければやりきれない思いというものを
一言で言えばロックということになります。
 
スポンサードリンク