12/24(木)

今夜はクリスマス・イヴ。

早めに帰宅すると、
奥さんが腕によりをかけたシチューを用意してくれていた。
ボクはとにかく家でご飯を食べるのが好きだ。
どんな美味しいものでも
家で食べるご飯に比べたら
足元にも及ばない。

夕食を済ませた後はプレゼント交換。
そう、うちの奥さんはこういう段取りが大好きなのだ。
当然、ボクは従うのみ。
喉元まで
「そんな面倒くさいことせんとアカンの……。
お金あげるからなんか買うてきてぇや」
と言いかけて我慢。

奥さんからボクには素敵なマフラー。
とてもセンスがいい。

基本的にうちはファッション関係に関しては
すべて奥さんに一任している。
ボクはそういうのに疎いからだ。
だから、結果、奥さんの選ぶ物はすべて正しい。
すべてオシャレということになる。

問題はボクからのプレゼントだ。
とにかく、なにを買ってプレゼントすればいいのかわからない。

そんなボクの悩みを察したかのように、
先日、ボクは近所のシップスに連れていかれた。
「きゃー、このリュック、かわいい!」
と、ボクをガン見しながら
分かりやす過ぎるほどにアピールする奥さん。
「こ、こんなん八百長やん……」
という一言を飲み込み、
後日、このリバティープリントのリュックを購入したという次第。

当然のことながら奥さんは大喜び。

原家初のクリスマス・イヴはつつがなく終了した。

メリー・クリスマス!!
スポンサードリンク