6/27(土)

昼前起床。
慌てて彼女と外出。
今日は買い物デーだ。

代官山で用事を済ませ、渋谷へ。
ヤマダデンキでテレビとエアコンを購入。
特にテレビは、いまだにアナログだったので。
それにしても買いものはしんどい。
二人でくたくたになって帰宅。

『めちゃイケ!』鑑賞。
色とり忍者のコーナーで
将軍様役で出演中のマッスル坂井。
巨体を生かして、綱引きで圧勝するというキャラは
すでに浸透しているのだけど、
今日、オードリーの春日との絡みを観て、
ボクはかなり違和感を持った。
春日は芸人でありながら
身体能力が高く、K-1出場経験もある。
片やマッスルは自分でも“汁レスラー”を自認するだけあって
トップレスラーではない。
そんな二人が、バラエティーのゲームとはいえ、
ガチンコの体で闘い、マッスル坂井が春日を叩きのめした。
これ、『マッスル』でのマッスル坂井の認識がもっと高まれば
きっと成立しない図式だろう。
まあ、春日も芸人なので
実際に強くても、番組上はきっちり笑わせて
やられ役にならなければいけないから。
でもそれはマッスル坂井も同じ。
いま、マッスル坂井は、世間的には、
“あの体が大きくって強そうな人”となっている。
ある意味で、従来のプロレスラー像を
一番体現しているのはマッスル坂井かもしれない。
そう考えると面白い。

マッスル坂井はねじれている。

まあ、でも、相当にテレビ映えする顔だ、マッスル坂井は。
この財産は凄まじくでかい。
スポンサードリンク