7108af0c.g


昨年末からずっと仕込んでいたライヴが終わりました。
クロマニヨンズとドレスコーズのツーマン。
場所はZepp Namba。
一度大阪で大きなイベントを開催してみたかったので
ひとつやりたいことが実現できました。

クロマニヨンズはもう、甲本ヒロト、真島昌利にガツーンとやられて、
その後、縁あってお会いする機会があったものの、
ようやく仕事にできたのは一昨年。
ブルーハーツを聴き始めてから20年ほど。

ドレスコーズのボーカリスト、志磨くんが以前組んでいた毛皮のマリーズが
僕はとても好きで、
このバンドと仕事をしたいという思いから
生まれて初めてライヴ・イベントというものを
企画し、主催しました。

僕にとってとても大切なバンドが
自分のプロデュースでイベントに参加してくれる。
公私混同甚だしいですが、
本来仕事とはそういうものでしょう。

ドレスコーズがクロマニヨンズを超リスペクトしてるのは
言うまでもないですが、
クロマニヨンズもちゃんとドレスコーズを認めていました。
それはヒロトが
「ドレスコーズのステージを見ていたら
クロマニヨンズみたいだったよ」
という一言に集約されています。

やってよかった、本当に。

別れ際、志磨くんに強く握手され、
「本当にありがとうございます」
と思いのこもった一言をもらいました。
志磨くんにとって一生忘れられない一夜になったことでしょう。

志磨くんの人生にちょびっとだけ引っかき傷を残してしまいました。
スポンサードリンク