原発ホワイトアウト/講談社

¥1,680
Amazon.co.jp

なかなか読む時間が作れず、2週間ほど掛かって読了。
帯にあるとおり、現役キャリア官僚により書かれた小説。
特に後半部分に関しては
悪い予言のように思えて、背筋が寒くなってくる。

時間がかかるのであまり小説は読まないのだけど、
これは読んでよかった。

喉元過ぎれば熱さを忘れるというのは
ある意味生き残る知恵でもある。
僕は個人的にそういうタイプなのだけど、
やっぱり忘れてはいけないことって絶対にあるなと思う。

スポンサードリンク