3f1e9e40.jpg


今日はカンタローが比較的早く寝てくれたお陰で
明日からの仕事を整理しつつ、レコードを聴いていました。

僕が音楽に詳しくないということは再三書いているので
もう繰り返しませんが
それでも時間がある時にレコードで聴くというのは
本当に気持ちがいいものです。

これは“山で食べるおにぎりは美味しいの理論”だと思っています。
たとえコンビニで売ってるおにぎりであっても
なぜか美味しく感じるというあれです。

そう考えると、自分の気分をコントロールする術を身に付ければ
別に目の色変えて出世を目指さなくても
他人を蹴落としてまで金持ちにならなくてもいいということがわかります。

気持ちの持ちようでどうとでもなる。

日常生活において、自分をできるだけ“いい気分”にしておいてやるということに
もうちょっと時間や手間を掛ける必要があるかもしれません。
スポンサードリンク