おそらく長い間、プロレスを見過ぎた
あるいはロックを聴き過ぎたせいで
“怒り”というものをかなり肯定的に捉えてきたと思います。

怒りはパワーだとかなんとか。

また、僕は妙に生真面目なところがあるので
色んなことがいちいち頭にきます。
常識、道徳、マナーに反する行為は世の中に溢れていて
怒りの種がなくなることはありません。

とはいえ、子どもを持ち、仕事に精を出しているいま、
常に思っているのは
「俺、こんなにイライラするために生まれてきたわけちゃうぞ」
ということです。

なにか魔法のように怒りがなくなる方法はないものかと
ググってみましたが、
結局は自己啓発本がヒットするのみ。

答えはわかっています。

怒りなんて絶対になくならない。
逆に本を読んで
「わー、俺、もう誰にも怒らない!」
ってなったら感化されすぎです。
人一倍感化されやすい僕が言うのだから間違いありません。

いまは対症療法的に普段聴かないクラシックなどを
仕事でいらっとした時に聴くようにしました(ちなみに今日から)。

まだ、マキシマムザホルモンの新譜もちゃんと聴いてないけど
しばらくは辞めておいた方がよさそうです。

あ、こうやってクラシック聴きながらブログ書いてたら
だんだん精神的に落ち着いてくるような気がします。

キーボード叩いたり人に手紙を書いたりするのもいいかもしれませんね。
スポンサードリンク