僕はお金に無頓着だ。
自分の月収や年収もハッキリ知らない。
すべて奥さん任せだ。
独身の時を思い出してみても
きっちり把握していた記憶はない。

これはなぜかというと、ひとつは僕があまりにズボラだということ、
そしてもうひとつは
「お金に無頓着な人間だと思われたい」
という願望がそうさせているということの2つの理由による。

やっぱりお金に細かい男はかっこ悪い。
どこかしらそう思っているし、
ケチに見られないようにやせ我慢で乗り切った場面もあった。
ただ、そうすることによって僕は
ちゃんとお金と向き合うということがなくなっていた。

しかし当たり前だけどお金は大切だ。
なにをやるにせよお金がなければ話にならない。

いまはそれをとても反省しているし
今後はそうじゃダメだなと思っている。

それにお金に無頓着であるということは、
お金に無頓着でいられる環境、
つまりはそれなりに会社がちゃんとしている、
会社に甘えられている状態が続くと思っているからだ。

でも冷静に考えてみて、そんな意識でいていいわけがない。
それに気づいた時、だいぶしょうもない大人になってしまったと
しょんぼりした気持ちになった。

というわけでこれからは会社においても家庭においても
真正面からお金と向き合うようにしようと思います。
で、なおかつケチンボに見られないような振る舞いも覚えなきゃいけない。
これは難しい。

でもやんなきゃね。
スポンサードリンク