ボクは誰かに世話になりっぱなしというのがどうも苦手だ。
お金に余裕があるのなら
奢られるよりも奢りたいと思う。

他人に何かを期待するなら
自分はそれと同じかそれ以上やんないといけない。
もっと言うと、
愛情なんていうのは
自分が注いだ分しか
もらえないと思っている
(子どもに対しては別だけど)。

そう考えると、タレントさんというのは
売れっ子なら何万人という人の真剣な愛情を
ただ一方的に受け止めなければならない。
ファンの皆さんに対して愛情を送っているという言い方もあるけど
残念ながら実際には成立しない。

あからさまにアンバランスだ。
「愛情を受けるだけなんていいな」
そんなわけがない。
愛情を過剰に受けるのは
結局生き急ぐことと同じだからだ。

どういうモチベーションであれ、
表舞台を志し、
そこにずっと立ち続けている人は本当に尊敬に値する。
スポンサードリンク