最近、本当にテレビを観なくなった。
理由は簡単だ。
ベイベちゃんだ。

大人はほとんど気にしないけど、
やはり赤ちゃんには画面がビカビカ光っているのは
相当に刺激的なのだろう。
朝、離乳食を与えていても
テレビがついていると
そっちのほうをずっと見てしまって
ご飯も食べようとしない。
だからしょうがなくテレビを消す。

ご飯を食べた後も
ベイベちゃんは伝え歩きでテレビの前まで行って
至近距離でかぶりついてしまう。
これもさすがに目に悪いだろうということで
やっぱりスイッチオフとなる。

それにテレビを気にせずベイベちゃんが一人で遊んでいる隙に
好きな番組を観ていても
結局途中でベイベちゃんが泣き出すもんだから
最後までゆっくり見られた試しがない。

きっとどこの家庭でもそうだろうな。

ただボクが怖いのは
「テレビを観ないでもなんとなく平気な自分」
さらに言うと
「テレビを観なくても平気な
ちょっとインテリな感じの自分」
がいるということだ。

「最近、ほとんどテレビ観ないんだよね。
NHKかニュースくらいしか」
なんて言ってる人は
だいたい
「ワシ、知性派っぽいやろ?」
とアピールしているように思えてしまう。

そういう意味ではやはりテレビは影響力が強いというか
なかなかいい距離を取らせてくれない。
ついこっちも身構えてしまっているということだろう。

オンタイムでツイッターなんかの反応を見ながら
テレビをぼーっと観るのってけっこう楽しい。

『家政婦のミタ』を例に出すまでもなく
面白いコンテンツがあればテレビは元気になる。

あとは作り手がほんのちょっとだけ大振りできるかどうか。
もちろん自戒の意味も込めて書いてます。
スポンサードリンク