前に書いたかどうかわからんけど、
ボクはいま、毎日お弁当と珈琲を持って会社に行っている。

諸事情があってお小遣いが減ったからだ。

お弁当は奥さんが作ってくれる。

うちの会社は銀座にあるので
ランチなんかでもとにかく高い。
だいたい1000円前後だ。

ちなみに大阪本社の近くだと
同じ1000円前後でも
質も量も全然ちがう。

やっぱり大阪のほうが安くてうまい。

で、珈琲は自分で朝挽いて、
それを小さいポットに注ぐ。

毎日スタバとかで買ってたらこれも数百円するので
けっこうばかにできない。

こう書くと貧乏くさいように聞こえるかもしれないけど、
ボクとしては全然そんなことはなくて、
毎日なにを食べようか迷いながら
けっきょく入ったお店が大したことないなんてことはしょっちゅう。
それより奥さんの心のこもったお弁当(前日の残り物も少々)のほうが
よっぽど美味い。

珈琲だって、家でちゃんと豆から挽いてるんだから
お店の味となんら遜色ない。

ボクの中ではこういう“ていねいな生活”がとても大切なのだ。

よく思うのだけど、
どこでもクルマ移動してる人って
いまでもたまにいるけど、
そんな人が合間を見つけて
ジムに通ってるのって
なんかちょっとおかしいよ。

徒歩や自転車や電車で移動したら
それだけでけっこう運動になるねんもん。

ボクにしたらそういうのも“ていねいな生活”になる。

それがかけがえないことだとつくづく思う今日この頃。

別にお小遣いが下がったことの愚痴ちゃうからね!
スポンサードリンク