どうも前から目の前をチラチラしていたのだけど、
とりあえず考えないようにしながら
やり過ごしてきて十数年。

しかし今日、某氏からのアドバイスを受けて
いよいよ真剣に考えないといけない状況になってきた。

“勉強”という二文字はもう避けて通れないんじゃないか。

具体的なことは置いておいて、
これからの10年はちゃんと勉強しなきゃな、
勉強することに時間を割かないとな。

いま、強くそう思う。

ボクがいま言ってる勉強というのは、
「人生、常に勉強やな」
といった曖昧なものではなく、
ちゃんと試験に合格することを目指して勤しむといった意味での勉強だ。

今までなんとか口八丁だったりキャラクターだったりで
乗り切ってきた部分があるけど、
なんかそろそろ通用しないんじゃないかという自己分析もある。

いつまでもタコヤキ君と呼ばれて
きゃっきゃ言ってるのも悪くないけど、
やっぱりその時期その時期にベースになるようなものは
絶対に必要なのだと思う。

しかし、偉そうなことを書いてるけど、
ボクは勉強が思い切り苦手だ。

中学生の頃までは
ボクは“門真の神童”と言われるほどに
勉強ができた。

ところが中2くらいからだんだん勉強がわからなくなって、
高校はその地区ではトップクラスの学校に行けたのだけど、
結果、進学校の中での落ちこぼれとなった。

そういう経験からか
いまだに年に数回、試験に苦しむ夢や
不合格になる夢を見る。

だからボクはできるだけ勉強から逃げて逃げてここまで来たのだけど
思うところあって、いま勉強について考えているところだ。

もうちょっと考えがまとまったらブログで書こうっと。
スポンサードリンク