最近自転車に乗っていない。

家にいる時はジョギングすることが多い。
以前は川崎に住んでいて、多摩川沿いを自転車で走るのが楽しみだったのだけど
いまは公園をジョグすることに凝っている。

とはいえ、自転車の爽快さは格別だ。

実はいま、家には三台自転車があるのだけど、
この春にはあと二台届く。

というのは、僕の自転車仲間のKさんが
「原さんの結婚祝いに自転車を組みます。
奥さんのぶんも!」
と言ってくださっていたのだけど、
Kさんはその後、重度の自立神経失調症を患い、
歩くことはもちろん、視力は大幅に落ち、
しゃべることもままならない状態になっていった。

そんな大変なことになっているとは知らず、
ボクは何度か電話やメールをしたのだけど、
Kさんは電話すらできず、
病床に臥せっていたのだ。

そんなKさんに数日前にメールした。
「震災は大丈夫でしたか?」
という短いものだった。
そうすると、久々にKさんから着信が!
「もうだいぶしゃべれるようになりました。
一時はろれつがまるで回ってなかったので……」
「元気なだけでボクは嬉しいですよ!」
「やっと右腕が動くようになりました。
自転車はもう完成間近なので
最後の仕上げに掛かります。
桜が咲く頃には納品できますよ!」
「Kさん、そんなに焦らないでください。
ゆっくりでいいですよ」
「いえ、ボク、赤ちゃんの顔も早く見たいですし、
それに早く原さんに自転車に乗ってほしいんですよ。
たぶん、ボクはもう一生自転車に乗れないと思うので
これが最後の作品なんです」
「なに言ってんですか、Kさん。
そんなこと言うて、何年かしたらまた二人で
ツーリングでもしてますよ、ボクら」

この春に自転車が届くと書いたけど、
ボクはなんとなくもっと先なのではないかと思う。
だけどいつになってもいいから
ボクはKさんがオリジナルで作ってくれる自転車に乗るのを
心待ちにしてくれる。

待ってますよ、Kさん。
スポンサードリンク