1/8(土)

午前中起床。

品川駅へ。

病院にいる奥さんとベイベーちゃんに会いに行くため。

昼過ぎに浜松到着。
病院に行くまえに駅の寿司屋で昼ごはん。

ツイッターを見ながら寿司をつまんでいると、
こんなブログを発見。


行政書士の岡田秀樹さんという方の文章だ。
以下、引用させていただく。

東京にいた、今から16年ほど前の12月も半ばを過ぎたころのことです。
私は体調を壊し、週2回中野上坂の病院に通院していました。
その日は
今にも雪が降り出しそうな空で、
とても寒い日でした。

昼近くになって、病院の診察を終え、
バス停からいつものバスに乗りました。

バスは座る席はなく、
私は前方の乗降口の反対側に立っていました。
車内は暖房がきいていて、
外の寒さを忘れるほどでした。

間もなくバスは東京医科大学前に着き、
そこでは多分、病院からの帰り
でしょう、どっと多くの人が乗り、
あっという間に満員になってしまいました。

立並ぶ人の熱気と暖房とで、
先ほどの心地よさは一度になくなってしま
いました。
バスが静かに走りだしたとき、
後方から赤ちゃんの火のついたような
泣き声が聞こえました。


私には人で見えませんでしたが、ギュウギュウ詰め
の熱気と暖房とで、
小さな赤ちゃんにとっては苦しく、
泣く以外に方法が
なかったのだと思えました。


泣き叫ぶ赤ちゃんを乗せて、
バスは新宿へ向かいました。
バスが次の
停留所に着いた時、何人かが降り始めました。

最後の人が降りる時、
後方から
「待って下さい、降ります」
と若い女性の声が聞こえました。
その人は立ってる人の間をかき分けるように
前の方に進んできます。


その時、私は子供の泣き声がだんだん近づいて来ることで、
泣いた赤ちゃんを抱いているお母さんだなと、
わかりました。

そのお母さんが運転手さんの横まで行き、
お金を払おうとすると、
運転手さんは
「目的地はここですか?」
と聞いています。
その女性は気の毒そうに小さな声で
「新宿までなのですが、子供が泣くのでここで降ります」
と答えました。

すると運転手さんは
「ここから新宿まで歩いて行くのは大変です。目的地
まで乗って行って下さい」

とその女性に話しました。

そして、急にマイクの
スイッチを入れたかと思うと、
「皆さん、この若いお母さんは新宿まで行く
のですが、赤ちゃんが泣いて、皆さんにご迷惑がかかるので、
ここで降りると言っています。
子供は小さい時はなきます。
赤ちゃんは泣くのが仕事です。

どうぞ皆さん、少しの時間、
赤ちゃんとこちらのお母さんを一緒に乗せて
行って下さい」

と言いました。

私はどうしていいかわからず、
多分みんなもそうだったと思いますが、
ほんの何秒かが過ぎた時、
「パチパチ」と1人の拍手につられて、
バスの乗客全員の大きな拍手が返事となったのです。

若いお母さんは何度も何度も頭を下げていました。
今でも、この光景を思い出すと、
目頭が熱くなりジーンときます。



寿司食いながらボロボロ泣いてしもたがな!
こないだ赤ちゃんが産まれたところやねんから
泣かないわけがないやろ!

それにしても寿司屋のカウンターでおっさんが一人で泣いてるのを
板前さんはどう思っていたのだろう。

「そ、そんなにワサビきいてたっけ!?」
なんて焦ってたりして。

それにしても、いきなり涙腺が弱くなってしまったような。
こどもができて変わった点かな。




いやあ、二日ぶりに会ってもメチャクチャかわいい!

f85d02fc.jpg


本当に何時間でも見ていてられる。
常識外れのかわいさだ!


さて、今日は病室でボクも一泊する。
帝王切開後でトイレもままならない奥さんのヘルプをするため。

実はボクは昨日、奥さんに電話でこんなことを言っていた。

「え、明日は21時に消灯なん!?
やっぱりホテルでもとろうかなぁ」
「一緒に久々に『めちゃイケ』観ようよ」
「iPadに電子書籍でも入れておかないとな。
夜、暇やろうし」

最近、出産の日のブログで好感度急上昇のボクだけど、
正直、こんなナメたことを言っていたのを
ここにご報告しておく。

とにかくまともに眠れない。

3時間おきにベイベーちゃんが泣く。
産まれた日はほとんど泣くこともなかったので
最初は「ああ、こんなふうに泣くんや」などと
呑気なものだったけど、
これが続くと本当大変だ。

そんでまた、赤ちゃんってすんなりおっぱいを飲めるわけじゃないのね。
それも知らなかった。

うちのベイベーちゃん、上手に飲めるようになってくれよ。

ということで、ちょっと眠ってはベイベーちゃんが泣き、
おっぱいをあげるのを手伝うという連続。


これが子育ての洗礼か。
でも、一番大変なのは奥さん、そしてベイベーちゃんだ。
ボクはちょびっとお手伝いするだけ。
申し訳ない。
でも、ミルクをあげるのは上手になりました。

84bb5954.jpg


頭がおかしくなりそうなくらいかわいい!

というわけで、そのまま朝7時にベッドを片付け、
病室泊終了。

お母さんというのは本当に大変だと身にしみてわかりました。
奥さん、焦らず力まず頑張ってね。
スポンサードリンク