忌野清志郎が聴こえる 愛しあってるかい/神山典士

¥1,575
Amazon.co.jp

5/27(木)

勝谷誠彦さんがメルマガで絶賛されていた本。
読了した。

一連の清志郎本の中では異質で
ルポ風味で綴られている。

風味といったとは、実際の取材もいくつか貴重な証言が得られているのだけど、
これまでの清志郎関連の書籍や雑誌からの引用も
けっこう多いなと思ったからだ。

この本の内容はともかく、
清志郎関係者以外の人も
もっと清志郎を題材に語ってほしいと思った。

ボクを含めだけど、清志郎を語る時、
ついその熱量の高さを競い合うようになり
結果、絶賛しか出てこない。

でも清志郎の素晴らしいのは
いくつかの時期で音楽活動がブレたり
低迷したりしていて、
それも大きなストーリーの中の谷になっているところだ。

明らかに話題作りのためと思われるいくつかのコラボシングル、
動員の低下によるライヴハウス活動など
さすがの清志郎だって、いいことばかりはありゃしないさ。

そういう部分も含めて忌野清志郎という人を総括するような読み物があってもいいと思う。
誰かそんな内容の評伝を書いてくんないかな?

スポンサードリンク