3/30(火)

昨日、神聖かまってちゃんのことを書いたのだけど、
今日もその続き。
日曜日の夜に放送された『MUSIC JAPAN』は本当に凄かった。

まず、昨日書いたように、神聖かまってちゃんを扱ったこと。
さらにその前は髭が名曲「ロックンロールと五人の囚人」を演奏した。

もう完全に本物のロックバンドやん。
これで毛皮のマリーズも出ていれば完璧。

でもある意味一番驚いたのは
大阪のMBS『ちちんぷいぷい』から生まれた
おいしいうたファミリーの「明日の空」が放送されたこと。

上の動画を観ていただければおわかりかと思うが、
NHKであるにもかかわらず、
『ちちんぷいぷい』と紹介されていたり、
MBSのアナウンサーが堂々と出演していたりするのだから
「これ、ホンマにNHKか!?」
とびびってたじろいでしまった。

きっとこのプロデューサーさん、度量のデカイ方なのだろう。
だって、このプロデューサーさんにとって
NHKで『ちちんぷいぷい』と紹介するメリットがあるわけがない。

もう心意気とか男気とかそんなレベルだろう。

もちろん、NHKだからこそ、ややこしい行政を処理できるとか
視聴率を気にしなくていいとか
恵まれた状況もあるのだろう。

でも、誰にでもできるわけではない。
それだけは確かだ。

番組内での告知では、
この回が最後の深夜枠だったのだそうだが、
そこで髭やかまってちゃんで本物のロックを
お茶の間に叩きつけ、
他局のプロジェクトを事もなげに扱ったりするのだから
これを痛快と言わずしてなんというのか。

いや、凄い。
どれだけ絶賛しても足りないくらいだ。

でも、うーん、ちょっとへこんでしまった。
色んな意味で。
スポンサードリンク